misaco’s blog

日々気になったことを記事にします。

歩いて還付金 東京海上とドコモ

東京海上日動暗線生命保険とNTTドコモが1日8000歩超えると還付金がでる医療保険を売り出すことになりました。

健康品開発への取り込みを保険料に反映させる仕組みで、腕に巻くウエアラブルと言う末端を貸出し歩数毎日計測してもらうという事らしいです。

世間の健康への意識が高まってきた今、保険業界でもIT(情報技術)を商品開発に生かす動きが活発になってきましたね!

 

スポンサーリンク

 

8月から首都円のドコモショップ(約35店)で発売し秋から全国の代理店でも販売を始めるそうです。

ウエアラブル末端は償で貸与されNTTドコモが開発したスマートフォンスマホ)向けのアプリを接続。

2年間に渡り、1日当たりの歩数が平均で8000歩を超えると3年目に年間1200~3600円程度の還付金が受けられます。

入院給付金が1万円の医療保険に30歳男性が入った場合の保険料は月3000円程度が標準的なので、最大1か月分の保険料が戻るという事になる。

歩数が多いほど健康志向が高い傾向が認められていて生活習慣の改善で負担が軽くなれば加入者の視野が広がると言う見解である。

 

契約者の日常活動を把握することは難しかったが、情報機器と通信回線を組み合わせれば歩数や睡眠時間などを正確につかめるようになる。

スマホのデータを活用することでなりすまし防止を施す。

一番のポイントはユーザーの多くのデータが集まれば病気発生率などのリスク分析が正確になり、契約者ごとの保険料をきめ細かく設定できるという事。

東京海上日動あんしん生命はウエアラブル末端を通じて血圧や心拍数の収集も検討するらしい。

ITを駆使した保険商品開発は他社も力をいれており住友生命保険は運動時間や歩数を集めて健康増進への取り組みを点数化して翌年の保険料が変わる医療保険を開発中で、来年の夏、商品化をめざしているという事だ。

「歩く」という事で保険料が安くなるというのがこれからの主流になりそうだ。

ウォーキング意識が高くなっている今、「歩いて還付金」は時代のニーズに適していると言える。

今はスマホやアップルウォッチ等を使って歩数を図る人もいる時代だ。

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングの基本は

  1. 歩くペースは20分以上歩き続けても疲れないペースをつかむことが大切。
  2. 1日あたり、連続で30~40分間、時折休憩をはさんで60~90分間が一つの目安。
  3. 疲労を体の中に蓄積させないことが大切なので時には休むのも大事。週2~3回程度でも十分。
  4. ウォーキングの実施に適した時間帯は夏場は気温が下がる早朝や夕方、冬場は太陽の出ている時間がおすすめ
  5. 水分はこまめに補給

 とwikiにも書かれている。

 

これからは歩いてお金がもらえる時代になっていく。