misaco’s blog

日々気になったことを記事にします。

確率「0ゼロ」

「確率」は、物事の「起こりやすさ」を定量的に表す指標です。

 

「起こりやすさ」の指標は「絶対に起こらない」から「絶対に起こる」の間にあります。

確率では「絶対に起こらない」ことには「0」が「絶対に起こる」ことには「1」がそれぞれ対応します。

例えば日常生活でよく目にする確率に「降水確率」や「宝くじの当選確率」があります。

 

今日の降水確率:0%、30%、80%など

 

宝くじで1等が当たる確率:0.001%、0.0001%など

 

この確率を元に、「雨が振りそうだから傘を持って行ったほうがいい」や「当選する確率が低そうだからこの宝くじを買うのはやめておこう」

といった将来を予測して行動や意思を決めることもできます。

 

 

この「プロ野球でわかる!はじめての統計学」は野球好きな方なら楽しく簡単に覚えることができます!