misaco’s blog

日々気になったことを記事にします。

【色気セミナー】ヒルナンデスで放送された男性の心を掴む方法がうさんくさい件 

4月19日、「ヒルナンデス」で「色気セミナーに主婦が急増!」とうたったコーナーが放送されていました。

 

 【色気セミナー】ヒルナンデスで放送された男性の心を掴む方法がうさんくさい件 

そこで紹介された「男性の心を掴むための3段階」は「笑顔」「しゃべり方」「甘え方」と言う内容はネタでしかなく、驚いたのはセミナーを受けるための「レッスン料」

f:id:tunagarukun:20170419123818j:plain

この画像に書いてある「5000円」と言うお値段はあくまで「体験レッスン料」です。

この講師から色気セミナーを受けるためにはなんと!

 

スポンサーリンク

 

f:id:tunagarukun:20170419123822j:plain

 35万円!!!!!!!!!!!!!!!!

35万円を払えば半永久的にセミナーに通えるという事なのですが、セミナーって年に何回ひらかれているのですかね!w

今回紹介された男性の心を掴むテクニックで印象に残ったのは、

 

 ダイヤモンドスマイル

ラビットジャンプ(跳ねながら男性に近づく)

 

過去にも22万円のセミナーがあったとどこかに書いてありました(笑)

 

そのセミナーは「おかざき先生」と言う方の講義になります。その内容は

講義1「ダイヤモンドスマイル」

頬が筋肉痛になるまで口角を上げ、前歯を8本以上見せるように笑顔を作る。

おかざき先生によると、頬骨が高いと社会性が高いと他人が認識し、好感が持たれる心理的効果が働くのだとか。また、日常で満面の笑みを見せられる女性は少ないため、セミナーで大げさに練習することで自然な笑顔が作れるようになり、男性に好印象を与えられるという。

講義2「フジコエクスタシーブレス」

ルパン三世峰不二子のような、セクシーな吐息まじりの発声法。(不二子というか、やしろ優がモノマネする芦田愛菜ちゃんみたい)

おかざき先生によると、いざという時に使うとメリハリやギャップが生まれ、男性をドキッとさせられるのだとか。

しかし、トレンディ女優たちの実演に同行した生田竜聖アナウンサーは「息が上がってるように見える」と大笑いし、叱られるハメに。

講義3「キューティアイ」

男性とすれ違う際、ウィンクする。キューティーハニーがモチーフ。瞬きせずに目線を合わせて近づき、横切る絶妙のタイミングでウィンクするのがコツ。

日本女性はウィンクが苦手なので、男性に非日常的な体験をさせることで恋愛感情が生まれるのだとか。

しかし、スタジオの天野らは「誘ってんじゃん」「色気というよりハニートラップ」と戸惑いを隠せない。

講義4「エマニエルアイ」

「キューティアイ」と似ているが、すれ違う際、ずっと目で男性を追い続けるのがポイント。

講義5「流し目」

姿勢と表情、首と視線の動きをずらし、男性に甘い言葉をかける。あからさまに大胆なアプローチとなるため、男性は悪い気はしないのだとか。(傍から見ると「ふざけている」ようにしか見えない)

講義6「ナースセラピー」

「頼りになる」「こんなの初めて」など、男性が喜びそうな言葉をかけながら、ハンドマッサージを行う。(言葉のチョイスが…)

「男性を癒すという刺激を与える」と、おかざき先生。スキンシップしながら、癒しの言葉をかけ虜にするのだとか。

ちなみに、田中美奈子の実演を見た天野らは、「近所の世話焼きオバサン」「手相見てるみたい」と大笑い。

講義7「子犬のポーズ」

待ち合わせの際に使うテクニック。(わざと遅れていくといいらしい)1日、ご主人様の帰りを待っていた子犬が、嬉しくて駆け寄るような動作で、男性に近づく。

子犬というより、ジタバタしながら「会いたかった~」を連呼するおかざき先生の実演に、一同はドン引き。無表情で「帰ろうか」と言う千堂に、「やったら意外に楽しいかもよ」と提案する有森。
バブル時代のトレンディ女優3人に、子犬(?)のようにすり寄られた生田アナは困惑し、なぜか「すみません…」と謝っていた。

 

おかざき先生の講義の他にも、元CAによる「上手な話の聞き方」講座や、元プロボクサーによる男性向けのセミナーもあるという。

受講した女性たちは、「効果が出ていると思う」「男性から食事に誘われた」など、男性との交流が増えたと語った。

 

ていうかどこでも「ダイヤモンドスマイル」なるものが存在するのですね(笑)

 

色気が引き出されるかはともかく「オモシロイ女」というアピールは出来そうである。

 みなさん「色気セミナー」を利用する際は十分気を付けて利用してくださいね!

利用されないようにしてください!

 

 おすすめ記事

misaco.hatenadiary.com

misaco.hatenadiary.jp

misaco.hatenadiary.jp