misaco’s blog

日々気になったことを記事にします。

綾野剛 ヘッドスパ「100%眠らせる」悟空の気持ち【誰だって波乱万丈】

4月23日「誰だって波乱万丈」で放送された悟空の気持ち

「絶対寝かせる!」をうたい文句に日本初のヘッドマッサージ「頭のほぐし専門店」で通常の安堵型睡眠と違い快感の絶頂で眠りに落とす{絶頂睡眠}が人気で口コミ人気が拡大しているらしい。

 

快楽の向こう側と言われる悟空の極上無水のヘッドスパを綾野剛が体験した!

気になるお店の名前は「悟空の気持ち」2017年4月現在では全国4店舗合わせての予約数は113465人、通常予約開始約1分で月の募集枠は完売となるようです。

ホームページはこちらから!

goku-nokimochi.com

ほぼ100%眠ってしまうと言われているこのヘッドスパをたいけんするにあたり、綾野剛さんはこのロケの前にしっかりと仮眠をとって挑んだのだが、タオルを顔にかぶされた瞬間から「あっ!これもうやばい!」と言い出す始末(笑)

そして一時間経過・・・綾野剛さんはしっかり寝てしまったと言うベタなオチ!

 

f:id:tunagarukun:20170423190503j:plain

今回紹介されたヘッドスパは2008年の11月、四条河原町にて誕生して2010年に2店舗目、大阪心斎橋、さらに2013年、11月には東京1号店として表参道店が誕生しました!

代表は「マッサージ」「エステ」「美容業界」でフェイスブックファン数国内1位の約9万人の(フォロワー)になりました。

f:id:tunagarukun:20170423190412j:plain

絶頂睡眠の施術を開始したのは2015年。

快感の頂点で「寝落ち」する新体験ですぐに予約が3か月待ち

2016年には東京銀座店が誕生。

ここはなんと「眠るジェットコースター」として話題になる!

 

スポンサーリンク

 

悟空の気持ちの名前の由来・・・

現代人の頭はストレスなどで知らず知らず締め付けられています。

施術後、味わう孫悟空の頭の輪を外した時の様な爽快感を味わえる!から由来されています。

 

今回、【誰だって波乱万丈】でゲストだった綾野剛さんとは。

スタッフからは「優しい、礼儀正しい、真摯に対応する、共演者や友人からは「世間では冷たいイメージが先行しているが、昔からいつも優しいし、分け隔てなくフラットだし、穏やかだし。本当にいい奴」「現場でスイッチが入ったときの瞬発力と集中力はすさまじいが、普段はポヤっとしていて天然ボケと評される。2012年3月の『スタジオパークからこんにちは』出演が2度に渡って国会中継で延期となった際には、過密なスケジュールの合間を縫ってNHKのスタッフルームにまで足を運び、「何度延期されても絶対出ますから」と現場スタッフを励ました。
本人はイケメン扱いされることに抵抗感がある。色白、細身、三白眼といった「無機質な印象」を与える独特の風貌により、一部から「蛇顔」と評される。
俳優デビューは『仮面ライダー555』の怪人役。石田秀範監督が人生でほぼ初めて大人として自身に真剣に向き合ってくれたことに感銘を受け役者を志す。打ち上げで石田監督から「映画をやりなさい」と言われ、アート系や単館系の映画をやり続けた。一人っ子で、現在の俳優業は母が喜んでいるという。
本来は演技以外で自分を露出させる事は好まないが、作品の宣伝のためにバラエティ番組に出る事に抵抗はなく、「こちらがお邪魔させてもらって、なおかつ宣伝までさせてもらっている」という姿勢でいる。2015年5月15日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』の企画『ガリザップ』では1日7食を食べ3,5キロ増量し、デブエットコーナーで唯一の完食を達成。綾野に挑戦する次の俳優が見つからず、企画を半休止状態に追い込んだ。2015年秋『オールスター感謝祭』プレッシャーアーチェリー対決では最高得点を的中させ圧勝する。
元々は人見知りな性格で、小学生の頃から1人で秘密基地を作るなどしていた。高校卒業後目的なく上京し、20歳の頃は非常に孤独だった。映画『クローズZEROII』で山田孝之と知り合い、2人とも無口な性格であったため意気投合。2人で「このままじゃダメな気がするよね」と話し合い、斜に構えていた自分を反省した。
自分は作品を支える「裏方の一人」だということが基本姿勢で「自分は必要ない」と思って役を演じている。演じる役柄は汚れ役やダメ男から繊細な青年まで多岐に渡り、「憑依型」「カメレオン俳優」と評される
心理学者から「勇猛果敢、大胆不敵。右に出る人はいない」「相当高いレベルで勇気がある」と分析された。本人は自分の性格を「臆病」だと認識している
『八重の桜』第21回にて、徳川慶喜が一転して松平容保に江戸からの立ち退きを命じた場面で、御家訓をぼそぼそつぶやいていたのは綾野のアドリブ。『そこのみにて光り輝く』で、達夫が罪を犯した拓児を殴る芝居は綾野のアイディア。『天空の蜂』で、手錠から逃れようとした雑賀が親指を切り落とす芝居は綾野のアイディア。
汗をかくシーンでは通常霧吹きを使用するが、綾野は「ちょっと待ってください、うーん」といい自分の意志で汗を出すことができる。
無一文になったことはないが、全財産が数百円になったことはある。
目が細いため気づいて貰えないが、一応奥二重であると主張している。また色白で、瞳が茶色で色素が薄い
何度も職務質問を受けた事がある。元捜査一課刑事から「目つきが鋭く、挑発的」と指摘された。ブレイク前は悪役を演じることが多く、『カーネーション』への出演が決定された際は「僕はこういう面構えだから、放送事故になってしまうのでは」と心配していた。
朝は弱く、なかなか起きられない。