misaco’s blog

日々気になったことを記事にします。

yoshiki(ヨシキ)緊急手術!公演中止に伴うご返金などの対応について

YOSHIKI(ヨシキ)緊急手術!「心身ともに限界」で公演も中止に!

 

関連記事

misaco.hatenadiary.jp

ロックバンド「X JAPAN」のリーダーで、ステージ上で倒れてしまうほどの猛烈なドラムパフォーマンスで知られるビジュアル系音楽シーンのカリスマ「YOSHIKI(ヨシキ)」が9日、椎間板ヘルニアの緊急手術を受けるため、残念ながら7月の日本ツアーを含む各公演を中止すると発表した。

追記・7月のツアーはやるつもりだとヨシキ本人が言っております!

公演中止に伴うご返金などの対応について。

 

スポンサーリンク

 

事務所の声明

YOSHIKI(ヨシキ)は米ロサンゼルス(Los Angeles)で今月16日、頚椎(けいつい)の「人口椎間板置き換え術」を受ける。

5月16日(現地時間)に米ロサンゼルスで頚椎人工椎間板置換の緊急手術を行うことが10日、明らかになった。所属事務所が発表した。

事務所によると、YOSHIKIは身体を酷使する激しいドラムプレイにより、2009年7月に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、頸椎椎弓切除・頸椎椎間孔切除の2つの手術を受けたが、約半年前から頸椎椎間板ヘルニアの悪化で、手・腕に麻痺・強度のしびれなどの症状が現れ、すでに演奏にも支障をきたしていた。病院で精密検査を受けた結果、「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と

診断され、 日米双方の医師と何度も協議を重ねた上で、手術をせざるを得ない状況となったという。

日常生活もままならない

日本の医師からは、「今のYOSHIKIの首の状態は、まるで引退を余儀なくされたラグビー選手のような強烈なダメージの受け方であり、「肉体的にも精神的にも限界がきているのではないか」と告げられたとのこと。去年のVisual Japan Summitでのパフォーマンスや、日本・香港のYoshiki Classical Specialツアー、今年の米カーネギーホール公演、そして英ウェンブリーアリーナ公演など立て続けにパフォーマンスが続き、

さらに映画『We Are X』のプロモーションとして20以上にも及んだ各国映画祭に参加したことも現在の病状に影響を及ぼしたという。

 

また、アメリカの主治医は「今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況なため、緊急に手術することを決定しました」とコメント。「去年10月に日本で行われたVisual Japan Summitで症状が再発し、今年1月の米カーネギー公演では既に左手の感覚を失い、3月の英ウェンブリー公演後、症状はさらに悪化しましたがそのままレコーディングを続けていました」と明かし、「症状が深刻化したため、日米のドクターと話し合った結果、このままではアーティストとして再起不能になると判断し手術をする運びとなりました」と経緯を説明した。

手術は5月16日に米ロサンゼルスの病院にて行われる予定で、5月に予定されていたスケジュールは全てキャンセル。

7月に予定されている「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、

8月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショーなどの開催は現在緊急協議中で、対応が決定次第、発表される

今後の活動について

7月に日本各地のアリーナで予定されている「X JAPAN」のコンサートに加え、未発表だったその後の世界ツアーも残念ながら休止されるとしている。

まだ延期になる可能性もあるのでチケットを持っている方は大切に保管してください。

日を改めて公演をするかは、後日改めて決めて発表するとしている。

今後yoshiki(ヨシキ)のホームページからも目が離せない

www.yoshiki.net

ローチケはこちらから!

l-tike.com

チケットぴあはこちらから!

http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=11019562

  

YOSHIKI(ヨシキ)が患っている頚椎椎間板ヘルニアとは?

椎間板が飛び出してくる原因の一つとして、老化現象による機能の低下が挙げられます。

頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、組織の中で最も早く老化が起こるとされます。

そのため、劣化が進んで外側の膜に亀裂を起こし、中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。

YOSHIKI(ヨシキ)の場合は過度のパフォーマンスにより、これが悪化したものと推定できます。


YOSHIKIが受ける緊急手術とは

人工椎間板置換術  Artificial Disc Replacement Surgery (ADR)は、モーション・プリザベーション (Motion Preservation) と呼ばれるもの

「脊椎の可動性を温存する」技術の一種で、脊柱再建術・脊椎関節形成の中核をなす高度な技術が必要とされる手術です。

「人工股(こ)関節置換術」、「人工膝(ひざ)関節置換術」といった手術であれば、耳にしたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。

その他にも 人工肩(かた)関節、人工肘(ひじ)関節、人工足(あし)関節置換術などが実用化され、現在、世界中で多くの患者が救われています。

人工椎間板置換術(ADR)も、これらの人工関節置換( Joint Replacement ) の一種であり、「その機能が失われてしまって日常生活に影響が出て、保存療法ではもう対処できない」場合に手術が行われ得ます。

スポンサーリンク

 

日本では厚生労働省の認可が致命的に遅く、医師も新しい技術習得の意欲が無いために、まだ一般には行われていませんが、欧米だけでなく、お隣の中国、韓国、台湾、タイ、シンガポール等でも行われている次世代の手術です。

開発国のドイツでは1984年から行われ、既に約30年の臨床経験があります。

かつて、大リーグ(殿堂入り)と日本のヤクルトでも活躍されたダグラス・デシンセイ選手も、ドイツにて私と同じ執刀医から腰椎5椎間すべての可動性を温存する ADR 手術を受け、今は元気に実業家としてご活躍なさっています。

ロシアのフィギュアスケートの金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ選手も2013年初頭に同手術を受け、ソチオリンピックへ向けて競技を続けています。

メリットは適応となる場合、極めて効果的に症状を軽減する上に、

脊椎の機能(可動性や椎間板のクッション性)を維持する事です。

脊椎の手術を受ける者で、「それ以上の何か」を求める人は稀だと思います。

デメリットは健康保険のカバーを得られないため、日本人にとってはお金がかかり、

先進国の中で比較すれば、日本人にとって遠い存在である、という点だと思います。

X JAPANのライブ動画が豊富にあるのは「DMM 見放題chライト」